What AGA?

AGA治療を受けて頭皮を魅力的に|そのヘアーえーやん

Topic

早期発見をしよう

毛根の仕組み

AGAを放置すると症状が悪化するため、進行する前に食い止めなければなりません。一気に沢山の髪の毛が抜け落ちていくというわけではないため、AGAの症状が表れ始めた段階で治療をスタートした方が良いです。まだ進行していないと残っている髪の毛も多く、それ以上抜けないようにすることが可能になります。症状が進行してから医療機関へ行くと予想以上に治療費がかかってしまうため、悪化していない間に医療機関へ行った方が良いでしょう。AGA治療に効果のある薬を服用するとフィナステリドが働き、AGAの症状をストップ出来ます。薬を服用することで体内からホルモンバランスの改善も出来ます。AGAは40代から50代にかけてなる方が多く、年齢を重ねるごとに進行スピードが早くなります。そのため、若いうちから治療をスタートさせるようにしましょう。

髪の毛にはヘアサイクルがあります。ヘアサイクルとは休止期、成長期、退行期のことを表しています。通常髪の毛は成長期が長くなります。成長期は2年から6年あり、長い期間成長しているためフサフだの頭皮にすることが出来るのです。しかし、AGAになってしまうと成長期が数ヶ月と極端に短くなってしまい、髪の毛が生えてこず頭皮が薄くなってしまうのです。AGAは脱毛症の一つですが、他にもAGAに似た症状の違う脱毛症もあります。AGAは徐々に頭皮が薄くなってきますが、いきなり円形に髪の毛が抜け落ちる症状を「円形脱毛症」と言います。また、機械性脱毛症や抜け毛などもあります。これらはAGA治療とは違う方法で治療をしなければならないです。自分ではAGA治療なのか判断が出来ないことが多いため、医療機関へ行き診察を受けなければならないのです。放置はしないようにしましょう。